ウーマン

自分では気付かない加齢臭に要注意|解決策を伝授

原因物質はノナネール

女の人

様々な方面から対処が必要

主に四十代以降の中年男女に発生し、悩みの種となっているのが加齢臭です。加齢臭の臭いには個人差がありますが、原因となる主な物質は共通しています。それがノナネールと呼ばれる臭い成分です。毛穴の中にある皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化物質が結びつき酸化することによって生成されるノナネールは、若年層にはほとんど存在しません。加齢に伴う抗酸化力の低下により、ノナネールが生成されやすい体内環境になっていくことが加齢臭の直接的な原因と考えられています。しかし間接的な原因は一つではありません。脂肪酸の増加には脂質を多く含む食事が大きく関わっていますし、ストレスや紫外線、喫煙等で活性酸素が増えるのに比例して過酸化物質も増加していきます。食生活の欧米化、ストレス社会や紫外線を始めとする環境ダメージの蓄積等、単純そうに見えて様々な要因が複雑に絡み合っているというのが、加齢臭の一つの特徴です。このため加齢臭を改善するには、ノナネール生成の原因となり得る様々な事項に対処していかなければなりません。和食中心にバランスの良い食事を心がけ、ビタミンCやEと言った抗酸化作用のある成分を含む食べ物を積極的に摂取していきましょう。適度な運動やストレス発散を心がけるのも大切です。こうした対処を行っても効果が見られない場合には加齢臭対策が出来るサプリを活用してみるのも良いでしょう。抗酸化力や消臭力に優れた成分を配合したサプリを飲めば、加齢臭に効果的に働きかけることができます。