ウーマン

自分では気付かない加齢臭に要注意|解決策を伝授

中高年のニオイを抑える

女性

ニオイの原因と対策

中高年になりますと、体のニオイも強まりますが、それはノネナールといった物質が要因であることが分かってきました。通常の体臭は汗腺が主な発生源になっており、そこから出る汗と、肌に存在する雑菌が合わさって個々の体臭を放っています。ところが加齢臭は皮脂腺が発生源であり、そこから分泌される脂肪酸が酸素と結び付き、酸化することで独特なニオイが発生するのです。そして、その物質がノネナールですが、一般的な体臭とは違ったプロセスで発せられるため、メタボリックシンドロームに代表されるような肥満が、加齢臭と深く関わってきます。加齢臭のニオイは脂肪酸の酸化が原因ですから、贅肉として脂肪を蓄えている人の方が、より多く加齢臭を発する可能性が高いのです。ですから加齢臭を解消したい場合は、体の贅肉を減らして、脂肪を少なくすることも視野に入れておきましょう。ただし加齢臭には、酸化というもう1つの原因がありますから、それも抑えなければなりません。酸化は体内で活性酸素が増えることで活発に進みますが、その原因はお肉を中心とした食事であったり、飲酒や喫煙をはじめ運動不足など、生活習慣の悪化が、活性酸素を増やしてしまいます。そこで加齢臭を減らしたい時は、生活習慣を見直すことも重要になっているのです。また、加齢臭用の石鹸や化粧品なども各種揃っているため、生活習慣を改善すると共に、ノネナールのニオイを抑えるコスメなども併用しておくと良いでしょう。